ユーザー車検か?普通の車検か?それとも...

ユーザー車検は、その名のとおりユーザーがマイカーの車検を自分で受けることです。 自分で書類を書き、検査場で検査員の指示に従って、マイカーの検査を自分自身で行います。

ユーザー車検は、こなしちゃえば、数万円安く車検ができてしまうのも事実です。
しかし、もしマイカーの洗車・点検・メンテナンスを面倒に感じる人、車のために平日で1日潰すのが惜しい人にはおススメできないです。

近頃は、車検を通すことに特化し、整備を省いたり、整備するかどうかを選べたりで車検のコストを減らせるタイプの車検も登場してますので、それを利用するのも一つの選択肢です。(後ほど紹介します。)

整備を減らした車検や、ユーザー車検なら車検代をかなり節約できるでしょう。でも注意も一つ必要です。車検通過は「現時点で基準を満たす」ことで、次の車検までの2年間を保証するものではありません。
整備を省略した分、必要に応じて消耗品の交換や、メンテナンスがその後に必要になる場合もあります。車の利用環境や状況、メンテナンスなどによっては全く問題なく次の車検まで乗り続けることもできるかも知れませんが、このことは忘れないようにしましょう。

従来型のおまかせタイプの車検なら、次の車検までもたなそうな消耗品なども交換しておいてくれる場合が多いので、あまりメンテナンスのことは気にしないでマイカーを乗ることができるでしょう。
ただしその分、車検時のコスト的には高くなるでしょう。消耗品も早めの交換になりますので、まだ使える状態で交換してしまう場合もあるでしょう。もったいないと感じるなら整備員に整備について聞いてみると良いでしょうね。


【ユーザー車検を選ぶ人の言い分】
> 自動車重量税、自賠責保険、検査手数料などの最小限の経費で車検が受けられます。うまく合格すれば費用はコレだけ。従来型の車検なら軽自動車でも10万円以上が当たり前だったことに比べると格安ですね(など従来型の車検には追加整備などの費用も含まれてます)。
>> 自動車重量税:8,800円(軽自動車)~63,000円(車検証記載の車両重量2001kg~2500kg)
>> 自賠責保険:18,980円(軽自動車:保険期間24ヶ月)~22,470円(自家用:保険期間24ヶ月)
>> 検査手数料:1,400円(軽自動車)~1,800円(普通車)
> ユーザー車検以外の車検では、これらの上に挙げた費用のほか、依頼する業者(ユーザー車検代行業、整備工場[認定工場]、ディーラー、民間車検場[指定工場]などなど)に支払う費用が余分にかかります。
> 自分の手で点検や車検を行うことで車についての知識が身につきトラブルに強くなる。また、車についての知識が増えれば、メンテナンスや修理等のやりくりも上手になるかも。


【ユーザー車検を選ばない人の言い分】
> 車検は平日ですし、その日のうちに合格を狙うなら点検も必要。つまり時間が必要。
> 車検を通すために別途、車の整備を手配しないといけない場合もあります。 それなら最初から整備も込みで車検を頼んだほうが楽だし安心。
> ユーザー車検の制度ができてから、安価な車検がいろいろ登場しており、ユーザー車検の安さというメリットが相対的に小さくなっている。
> 今の車は安全性能的にも機能的にも優れており、あまりメンテナンスについて知識が無くてもそれほど困ることは少ないため、費用的に許容できるのであれば頼んだほうが楽ですし、時間も節約できる。


【まとめ】
利用する・しないに関わらず、「ユーザー車検」の事を知ると、車検の流れや関係する整備の事が分かります。
ユーザー車検にしないにしても、「どんな車検にするか?」「どの整備工場を選ぶか?」を考えるときにすごく参考になります。 ある程度知識があると、整備の人にも一目おかれるでしょうし、より納得して車検を受ける事ができると思います。 ごゆっくり、どうぞ。


気になる記事ピックアップ

ドライバー保険
通常自動車保険は特定の自動車に対して加入するものです。一方でドライバー保険は、ドライバーに対する保険なので、車に特定されないで補償の対象になります。車を借りて運転することが多い人には便利な保険かもしれません。例えばマイカーを所有していないけど、友人の車をよく借りるという場合とかですね。

保険の等級
長い間事故を起こさないと保険料は下がります。事故を起こさないことで、信用が高まりますからね。それはノンフリート等級というかたちで、数字で表されます。この等級が高いほど、保険料の割引率も高くなるのでした。事故を起こして保険を使うとこの等級は下がります。

走行距離と保険
保険料算定に年間の走行距離を考慮して設定している保険も多いです。車に乗る距離が少ない人にはお得な場合が多いようです。都市部を中心に車の走行距離は少なくなっている傾向があるようです。自分の保険を選ぶときに距離についての割引も気にしてみるといいのかも。

ユーザー車検って何するの?
ユーザー車検の概要を時系列に見ていきましょう。【ユーザー車検の予約】ユーザー車検は事前の予約が必要です。 ユーザー車検は、いつでも自由に受けられるわけではありません。なおユーザー車検は平日の検査となります。(会社員などの場合、予約のために休みの確保が必要ですね。).....

ユーザー車検を選ぶ理由
ユーザー車検を選ぶには理由があります。その理由について整理します。「安いから」といった分かりやすい理由のほか、ユーザー車検を経験しなければ分からないメリットについても触れたいと思います。【経費が低い!】ユーザー車検の場合は、整備業者やディーラー、または車検代行会社に依頼した場合と違って、人件費や設備の経費、維持費.....

ユーザー車検が選ばない理由
車検の選択肢が増えてきている今日ですが、最も安くできるというメリットがあるユーザー車検が選ばれない理由を挙げてみました。【不安】手順と不合格の場合の対処がわからないので不安所要時間や費用、場所がわからないので不安.....

車検場を下見しよう
車検の費用は結構家計に響きますよね。しかも2年に一度(新車の場合は3年ですが)車検を受けなければなりません。「安くできないかなぁ」と思っているの人はきっと多いはずです。。ユーザー車検を利用して車検の節約を考えるなら、車検はうまく合格したいですよね。 心の準備やスムーズな車検を受けるために、ユーザー車検が初めての人は、ぜひ事前.....

必要な書類は何か?
ユーザー車検を受けるには必要な書類が8種類あります。自動車に通常乗せたままになっている車検証などの他に、購入しなければならない申請書などがあります。8種類の書類を紹介します。【自動車検査証(車検証)】.....

Copyright © 2007~ 初めてでも分かるユーザー車検※自分と愛車にあった車検の選び方. All rights reserved